品種解説 千代田城
おもと 360種の特長と育て方より

千代田城
作出年度 昭和36年
作出者  不詳
命名者  源平安太郎(千葉県)
登録年度 昭和60年
登録者  森衙郎、川村好正、大橋金三(静岡県)

 『大象観』の中から芽変わりしたもので、千葉県、静岡県、徳島県など切り花の生産地で変化している。葉先に紺覆輪を現し、葉全体が白色の薄い表皮で覆われたように糊をひく。葉元より幅広い濃紺色の縞が上部にまで登るが、葉先までは抜けない。立ち葉性で葉葉幅12cm、葉長50cm内外。おもとは日本独特の古典的な美しさが持ち味となっているが、西洋的な美しさをも兼ね備えている数少ない品種である。
 白地が多いために葉焼けが起きやすく、肥料はやや多めのほうが良い。

日本おもと名品展 特別最優等作品

第69回


 
 

第70回


 
 

第71回