品種解説 舞子

おもと 360種の特長と育て方より

舞子
作出年度 昭和50年
作出者  橋本脩三(愛知県)
命名者  不詳
登録年度 平成3年
登録者  重松宏明、平野吾知、鈴木嘉幸、橋本脩三(愛知県)、榊原八朗(東京都)

 昭和56年に愛知県の重松宏明氏が作出者から買い求め、『舞子実生』として紹介した。
 葉長6cm、葉幅3cm内外の小型種。
 葉幅広く丸型の葉は、『力和』に似て力強く愛嬌がある。当才からその特徴の丸い葉型を現し、一見してそれと分かる。紺性が強く、艶消しの地合いに雪白の深い覆輪を現す。雅糸竜主体の葉芸を現し、魅力たっぷりの味わいを持っている。
 性質は強健で育てやすく、繁殖は普通である。

日本おもと名品展 特別最優等作品

第69回


 
 

第70回


 
 

第71回