品種解説 富士の図

おもと 360種の特長と育て方より

富士の図
作出年度 昭和30年
作出者  中野作太郎(新潟県)
命名者  不詳
登録年度 昭和30年追認
登録者  日本萬年青連合会

※中野性について(一部加筆) 
 『古今輪』に鮮明な図が現れたもの。本系統は作出者の棚で変化したもので、「中野性」の『富士の図』と呼ばれている。出芽当初から雪白で絞り込み、打ち込み図となり、斑色に少しも濁りがないのが特徴となっている。本種の中では特別扱いをされ、最も入手希望者の多い系統である。絞りがきついため、葉切れを起こしたり葉姿を乱すなど全体にまとまりにくいのが唯一の欠点とされている。
 薄葉全般にいえることだが、湿度のある場所を選び、葉焼けをさせないことが美しさを保つコツである。
 武田性、橋口性、山形性などがあるが、近年では藤岡性から変化した、雪白で大柄ながら絞りがきつくなく、葉姿を乱しにくい吉田性が大会などで活躍している。

日本おもと名品展 特別最優等作品

第69回


 
 

第70回


 
 

第71回