品種解説 吉光の松

おもと 360種の特長と育て方より

吉光の松
作出年度 昭和52年
作出者  吉光平和(福岡県)
命名者  丹下和郎(愛知県)
登録年度 平成5年
登録者  吉光平和(福岡県)

 葉長10cm、葉幅3cm内外。葉肉が厚く、立ち葉で襟組み良く、左右均整の取れた整然とした姿は気品高く、千代田系の中でも独特な個性を持っている。特に地合い羅紗地に近く、葉芸はこの品種特有の櫛目のさざなみのような雅糸竜を現し、純白の千代田斑を消すこともなくうまく共存させ引き立たせている。薄葉系の美しさと羅紗系の力強さを兼ね備えた逸品である。
 葉肉があるため採光を少々強くしてもかまわない。変な葉ぐせがないため、誰が作っても本種の型にできる。本数が少ない。

日本おもと名品展 特別最優等作品

第69回


 
 

第70回


 
 

第71回