品種解説 玉楼

おもと 360種の特長と育て方より

玉楼
作出年度 昭和39年
作出者  前田茂弘(愛知県)
命名者  水野輝男(愛知県)
登録年度 昭和59年
登録者  水野輝男(愛知県)

 当初は、作出者の名前から『前田年実生』と呼ばれ珍重された品種である。
 中型種。地合いは艶消しで、紺性は薄い。当才の芋吹きの時から葉幅があり、鷹揚な姿を見せる。熨斗葉から次第に彫りの深い雅糸竜を現し、黄色みを帯びた覆輪は総雅糸竜になれば全面を覆い、柔らかな地合いは浮き地となって味わい深い。葉重ねが良く左右均整がとれ、整然とした葉姿が良い。
 性質は強健だが、子上げは珍しく、芋吹きによって殖やす。採光・施肥は普通で良い。

日本おもと名品展 特別最優等作品

第69回


 
 

第70回


 
 

第71回